※ミカガミ所属のライターに「シナリオライターの仕事」について話を聞いてみました。

Q)
シナリオライターならではの苦労ってありますか?

柴田:
 締め切り前の徹夜ですね(苦笑) スケジュールに余裕があると、ついついソーシャルゲームをやっちゃうんですよねー。
 もちろん、締め切り前になったら、ソーシャルゲームはやりません。やっぱり締め切りを守ることが大事ですし、なにより納期管理をしているミカガミのプロマネさんから、せっつかれるので(汗)

質問者:
 他に苦労したな、と思うことはありますか?

沢田:
 あと、シナリオライターならではの苦労といえば「面白いものを見続けないといけない」というところだと思います。
 エンタメに触れ続けないと、自分の感性が古くなっちゃいますから。

柴田:
 新しいエンタメに触れて、勉強することは大事ですよね。

沢田:
 もちろん基本はエンタメが大好きなんですけど、正直見たくないって日もたまにあるんです。それでも勉強のために新しいエンタメに触れないといけない。それが苦労と言え苦労ですね。
 ……まあ、贅沢な悩みかもしれませんけどね(笑)